マッサージ情報

肩こり、腰痛の原因

内的とは歳とともに筋力が衰えることで正しい姿勢を保てなくなる要因する肩こりや腰痛です。
肩こりや腰痛は更年期障害との関係も深いといわれます。
曰く卵胞ホルモンであるエストロゲンの減少が相乗効果で関節痛を肩こりや腰痛の原因ともされているわけです。
肩こりや腰痛は普段から心掛けておくことが大切です。

肩こり、腰痛の予防策

筋力低下が肩こりや腰痛の原因なら、腹筋や背筋などの筋肉をきたまた長時間同じ姿勢で過ごす生活する人は、運動や体操で予防を心掛けることができます。
では、どのような運動や体操が効果的なんだろう?
やっぱり、マッサージやウォーキング、ヨガやストレッチ!!えるといい。

肩こりの原因

肩こり、筋肉のこりはどうして起こるのでしょう?運動不足な生活で筋肉の収縮が起こらず、その結果、筋肉が硬くなってしまいます。
老廃物もたまってしまうのです。
筋肉に老廃物がたまるとだんだん硬くなってしまう「コリ」と呼ばれる状態になってしまうのです。
肩こりもこうして起きるのです。
重さは結構な重さ(体重の約8分の1)がありますが、重みを首から肩甲骨あたりの筋肉、そして支えているのです。
筋肉に負担がかかって肩こりや腰痛になってしまいます。
筋肉に酸素が送られず、その結果筋肉に老廃物がたまってしまった結果が肩こりの原因になっているのです。

肩こりに良い栄養素

肩こりに良いといわれる栄養素はクエン酸には老廃物質「乳酸」の分解促進効果があり、梅干や酸っぱいフルーツなどに多く含まれています。
まぐろやい青魚に多く含まれています。
かぼちゃ、うなぎ、オリーブ油などに含まれます。
マグネシウム、柑橘類、緑黄色野菜、バナナなどに多く含まれるカリウム、牛乳、小魚、海藻類、青菜などに多く含まれるカルシウムなどがあげられます。
マグネシウム、カリウム、カルシウムなどを排出させる働きが気をつけましょう。

腰痛になるしくみ

腰痛と一言で言っても色々なパターンがあります。
腰痛の他に「椎間板ヘルニア」「座骨神経痛」「股関節痛」「ギックリ腰」などの場合もあります。
背骨は、S字型で組み合わさってできています。
こうして背骨がおかげで、生活で衝撃を吸収・緩和させることができて腰痛から守られているのですね。
ところが腰骨の部分が弾力性を失うと、背骨がもつショックアブソーバー(衝撃緩和)の機能性が阻害され、
腰骨を中心に背骨全体が硬直してしまうと硬くなった背骨は、疲労がたまりやすくなり、痛みを誘発するようになり腰痛が発症します。

肩こりにならないために

筋力が低下していると肩こりを起こしやすくなります。
体操やきつすぎない運動やストレッチをして筋力を付けるようにし、簡単に疲労しないしなやかな筋肉をキープしましょう。
長時間同じ姿勢でのデスクワークやストレッチ体操などをして、全身の筋肉を満遍なく動かして血行を促進させましょう。
ままにしておくと肩こりの原因になってしまいます。
食生活と適度な運動を心掛けましょう。
ストレスは交換神経を刺激して肩こりを引き起こす原因となりますので、ストレスを溜めずにうまく発散できるようにしましょう。